トップページ | 学校給食 »

2007年3月12日 (月)

きっかけ・・・

 幼い頃からダックスを飼っていました。ずっと、犬のいる生活

でした。昨年10月2日に16歳で多臓器不全で亡くなりました。

10歳を過ぎてから、病気の連続で看病に明け暮れました。

がん、がんの転移、胆のう、肺炎等です。それだけに、不憫で

かわいくてかわいくて、大切でした。犬もそれに応えてくれるか

のように懸命に生きてくれました。病気で苦しかったに違いな

いのに、それはそれは安らかで今にも起きそうなくらいに眠っ

たような死顔でした。死ぬまで気を遣ってくれました。そんな子

だったので、もう犬は飼えないと思いました。反面、しばらくす

ると犬のいない生活は不自然であると感じました。

すると、必然的に里親にたどりつきました。人間の都合で口の

きけない動物を簡単に棄ててしまう事実がたくさんあることに

ショックを受けました。自分に何ができるのだろうか、と考える

ようになりました。まずは、一時預かりからと思いました。

そして、ご縁あってCATNAPと出会うこととなり、そこで一時預

かりをする予定となりました。まだまだ、予定段階なのでこれ

から経過をお話をすることとなります。

 次回は、タイトルは学校給食とはじめての一時預かりっ子な

のに、学校給食って、何!?の説明をします。

|

トップページ | 学校給食 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。